宗八鍼灸整骨院

不眠症と鍼治療

  • HOME »
  • 不眠症と鍼治療

1,入眠障害(中々寝付けない)

床に就いてもなかなか寝付けない状態。不眠の訴えとして最も頻度が高いと思われているが、大規模な実態調査によると、むしろ入眠障害よりも中途覚醒の方が多いことが判明している。診断としては、就床後1時間以上眠れない場合が目安となる。

2、中途覚醒(途中何度も目が覚める)

夜中に目が覚め、その後眠れない状態。うつ病、睡眠時無呼吸症、脳変性疾患(脳卒中、痴呆など)などでは多く発現する。高齢者では睡眠が浅くなるため、中途覚醒が出やすくなる。また、アルコールを飲むと寝つきがよくなるが、睡眠は浅くなり、中途覚醒および早朝覚醒が出やすくなって、睡眠全体の質は低下する。

3、早期覚醒(朝早く目が覚めて寝れない)

朝、意図したよりも早く目が覚め、そのまま眠れない状態。
高齢者に多く見られるが、これは加齢に伴い睡眠パターンが変化するためであり、生理的な現象である。また、うつ病の特徴的な症状でもある。

4、熟眠障害(寝たはずなのに寝た気がしない)

熟眠したという満足感がない症状で、目覚めた時に睡眠不足を感じる状態。睡眠が中断されたり、睡眠が浅い場合に起こりやすい。

 

この様なタイプがあり、原因は様々あるとされています。

「グッスリ寝たい」と思っておられるあなたにまずして頂きたい事はあなたの生活を1度ふりかえってふりかえってみる事です。

あなたがどのタイプにしても、日常生活の中で自律神経(交感神経、副交感神経)の切り換えが上手く出来ていない時に「不眠症」になり、睡眠に関してなんらかの障害が出て来ます。振り返って頂く時に意識して頂きたいポイントがいくつかあるので、ご紹介します。

  • 寝る前にスマホや携帯、タブレットなどを見ていないか?
  • 朝起きた時に日の光にしっかり当たっているか?
  • あなたが寝ている所の環境は整っているか?
  • 長時間昼寝をしていないか?
  • 日中しっかり動いているか?
  • スマホなどを目覚まし代わりにしていないか?

上記に挙げたポイントはほんの一部ですが、1度ご自身の生活を振り返ってみて下さい。「グッスリ寝たい」あなたに向けて、「不眠症」についての4つのタイプと日常生活の中で注意して頂きたい点を挙げましたので注意して下さいね。

西洋医学的な考えから

現代人の約5人に1人は「不眠症」に悩まされているとされています。

その原因は様々あるとされていますが、最も代表的なのが、「自律神経」の働きが乱れている為だと言われています。
「自律神経」には「交感神経」 「副交感神経」の2種類があり、通常日中は交感神経優位、夜は副交感神経優位になるのですが、何らかの原因でその切り換えが上手くいかず、本来副交感神経優位の夜の時間帯に交感神経優位になってしまい、眠りに支障を来すというメカニズムになっています。

当院では西洋医学的な観点から、その「自律神経」の働きを本来あるべき働きに導く様に、手技、鍼灸、ヘッドケア、アーシング(体内に溜まっている電気を放電する事)を駆使して調整していきます。

東洋医学的な考えから

私達が東洋医学的に「不眠症」を考える時に最も大事だと考えているのは「陰」「陽」です。
人間の身体には「気」が流れており、その「気」の中にも「陰の気」と「陽の気」があります。

それらのバランスが崩れた際に病気になるとされています。

西洋医学的に「交感神経」と「副交感神経」の2種類がある様に、東洋医学的にも「陰」と「陽」の2種類があります。そのバランスを整える為に鍼灸治療を行います。

また、人にはそれぞれ体質があり、大きく「肝」、「脾」、「肺」、「腎」の4つに分類されます。

あなたがどのタイプかで治療するポイントが変わってきます。全く同じ症状の方で、全く同じ治療をしても、このタイプを把握していないと治療効果に大きく差が出ます。だから、1人1人に合ったオーダーメードの治療が必要なのです。

あなたがどのタイプかは、脈、舌、お腹の状態、味の好みなど東洋医学的な検査で判断していきます。

鍼灸には「特効穴」と呼ばれるツボがあり、様々な症状に対して、この症状ならこのツボという物が存在します。

たとえば、「不眠症」で有名なツボは「安眠」と「失眠」です。この様に、あなたの体質に合ったツボ+特効穴を用いて、「陰」「陽」のバランスを整えていきます。

上記の様に西洋医学的な観点、東洋医学的な観点からそれらを総合した治療を行います。

PAGETOP