Good evening!! 高槻宗八鍼灸整骨院の佐藤です。今日は英語で挨拶してみましたが、このブログを読んで下さっているあなたは如何お過ごしですか?良く寝られていますか?

昨日まで、「不眠症」に関しての4つのタイプについて、1つずつ解説させて頂きました。「不眠症」と言っても様々なタイプがあるので、「不眠症」で悩んでおられるあなたが、まずはどのタイプなのかを自身で理解して頂く事によって、改善への一歩が始まると考えています。今日はそんな「不眠症」で悩んでおられるあなたに向けて、当院で行う治療法の紹介、ご自身で見直して頂きたい日常生活でのポイント、セルフケアの方法、「不眠症」に効果の高いツボの情報を発信していきますので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

まず、当院で行う「不眠症」に対しての治療方法ですが、西洋医学的な観点、東洋医学的な観点から治療を行います。西洋医学的に「不眠症」に関連するのは「自律神経」の不具合です。「自律神経」には交感神経、副交感神経の2種類があり、この自律神経の働きが乱れる事によって睡眠に支障を来します。

次に、東洋医学的な観点からは、西洋医学的に交感神経、副交感神経の2種類がある様に、東洋医学にも陰、陽の2種類の概念があります。あなたの身体に巡っている気は陰、陽のバランスが保たれているのですが、そのバランスが崩れた時に病気になるとされています。陰が強すぎても、陽が強すぎてもダメで、ちょうど良いバランスを保てる様にする事が重要です。そして、あなたにはあなただけの体質というものがあります。東洋医学的にあなたがどの様な体質なのかを、検査、判断し、治療を行います。全く同じ症状でも、この体質が違う事によって治療法は大きく変わってきます。そういった意味では1人1人治療法が違うので、オーダーメードの治療を行います。治療内容は、手技、鍼灸、矯正、ヘッドマッサージ、アーシングを駆使して行います。

次に、「不眠症」で悩んでおられるあなた自身の生活で見直して頂きたいポイントがいくつかあるので、一度振り返ってみて下さい。

  • 起きた時にカーテンなどを開けて日の光を浴びているか?
  • 寝る前にパソコンやスマホ、タブレット等を見ていないか?
  • 暗い場所で寝ているか?
  • 静かな環境で寝られているか?
  • 夕方以降にカフェインを取っていないか?
  • 身体を冷やしていないか?
  • 枕や寝具はあなたに合った物を使えているか?

如何ですか?上記に挙げた事に心当たりがある方はなるべく避けて貰った方が良いです。また、これだけが全てではないので、あくまでも参考程度にして下さい。

当院で「不眠症」の方に一番おススメしているセルフケアの方法はお灸です。今やドラッグストアでも何種類かのお灸が手に入ります。一番有名なのは「せんねん灸」ですかね?それを購入して頂いて、「不眠症」に効果のあるツボや、こちらが教えたその方に合ったツボに自分で毎日お灸をして頂きます。これによって毎日自分でケアが行えるし、効果が高いので、おススメしています。あと自分で出来る方法は適度な運動ストレッチです。身体全体の血流改善と適度な身体への負荷を与えて身体を疲れさせる事が目的です。

最後に「不眠」治療には欠かせないツボをご紹介します。ご自身でそのツボを刺激して頂くだけでも効果があります。まず1つ目は「安眠」です。読んで字の如く安眠出来るツボです。場所は耳の後ろにある下に向かって、尖っている骨から、およそ指1本分下にあります。

f:id:sohachiacupuncture:20180613153952j:plain

2つ目は「失眠」です。場所は足の踵のちょうど中央です。様々なタイプの「不眠」に効果的です。自律神経を整えるという意味で「百会」(頭のてっぺんの中央)、「神門」(手首の関節の小指側のしわが出来る所)もあります。それぞれ、ツボの位置を掲載しておくので、参考にしてみて下さい。

f:id:sohachiacupuncture:20180613154026j:plain

f:id:sohachiacupuncture:20180613154053j:plain

今日は「不眠症」で悩んでおられるあなたに当院での治療や日常生活で注意して頂きたいポイント、セルフケアの方法、「不眠」に効くツボを紹介致しました。1日も早くあなたが「グッスリ寝られる」様に応援しています。

今日も最後まで読んで頂き有難うございました。明日からは当院のスタッフの自己紹介をさせて頂きます。では、また明日お会いしましょう!!Have a good night!!