おはようございます。高槻宗八鍼灸整骨院の佐藤です。

今日からあなたの「身体」や「健康」に関する情報を発信していきたいなと思います。

そこで、第1弾のテーマは「睡眠」です。

あなたはよく寝れていますか?

バッチリ寝れている方もいれば、薬(睡眠導入剤、睡眠薬)を飲まないと寝られない方、何をしてもグッスリ寝られないという方まで様々な方がおられると思います。

バッチリグッスリ寝れているという方には今日の情報はあまり役に立ちませんが、薬を飲まないと寝られない、何をしても寝られない方には有益な情報なので、最後までお読み下さい。

最近私の院でも患者さんに対して「しっかり寝れていますか?」と必ず質問するのですが、「グッスリ寝れません」、「夜中に何度も目が覚めます」、「1度目が覚めると次寝れません」「ずっと薬を飲んでいて、薬を飲まないと不安で寝れません」と言う方が非常に多いです。

今や日本人の5人に1人は医療機関で治療を受けている、受けていないに関わらず「不眠症」だという統計もでています。

一概に「不眠症」と言っても、様々なタイプがあり、大きく4つに分けられます。

  1. 入眠障害(中々寝付けない)
  2. 中途覚醒(途中何度も目が覚める)
  3. 早朝覚醒(朝早く目が覚めてその後寝れない)
  4. 塾眠障害(寝たはずなのに寝た気がしない)

この様なタイプがあり、原因は様々あるとされています。

「グッスリ寝たい」と思っておられるあなたにまずして頂きたい事はあなたの生活を1度ふりかえってふりかえってみる事です。

あなたがどのタイプにしても、日常生活の中で自律神経(交感神経、副交感神経)の切り換えが上手く出来ていない時に「不眠症」になり、睡眠に関してなんらかの障害が出て来ます。振り返って頂く時に意識して頂きたいポイントがいくつかあるので、ご紹介します。

  • 寝る前にスマホや携帯、タブレットなどを見ていないか?
  • 朝起きた時に日の光にしっかり当たっているか?
  • あなたが寝ている所の環境は熟睡出来るように整っているか?
  • 長時間昼寝をしていないか?
  • 日中しっかり動いているか?
  • スマホなどを目覚まし代わりにしていないか?

上記に挙げたポイントはほんの一部ですが、1度ご自身の生活を振り返ってみて下さい。本日は「グッスリ寝たい」あなたに向けて、「不眠症」についての4つのタイプと日常生活の中で注意して頂きたい点を挙げました。

明日は今日説明した事を踏まえて、「不眠症」の4つのタイプについて、1つ1つ詳細を解説していきます。まずは、あなたがどのタイプに当てはまるのかをあなた自身が理解する事によって、改善への1歩が踏み出せます!!

本日も最後まで読んで頂き有難うございます。また明日お会いしましょう!!

See you tomorrow.

f:id:sohachiacupuncture:20180607102501j:plain