おはようございます。高槻宗八鍼灸整骨院の佐藤です。調子は如何ですか?

梅雨入りし、大分湿度が高くなり、蒸し暑くなってきましたね。この時期は何だか体調がすぐれない、身体がダルイといった症状を訴える方が増えてくる時期でもあります。あなたはどうですか?大丈夫ですか?

さて、今日は先日から発信させて頂いている「不眠症」の4つのタイプの4つ目「熟眠障害」について詳しく解説させて頂きます。今まで「入眠障害」、「中途覚醒」、「早朝覚醒」について解説してきましたが、「不眠症」のタイプの解説は今回が最後になります。「睡眠時間は十分に取っているはずなのに全然寝た気がしない」「寝ているのに疲れが取れない」「目覚めが悪い」方には有益な情報なので、最後まで読んで頂けると嬉しいです。

「熟眠障害」は、睡眠時間が十分にも関わらず、通常の睡眠に比べて眠りが浅い事によって、「目覚めが悪い」「疲れが取れていない」「グッスリ寝た気がしない」と感じるタイプです。寝付きも良いし、睡眠時間は十分取れているのに上記の様に感じるのが特徴です。入眠障害、中途覚醒、早朝覚醒の様に途中で起きているわけでもなく、寝た感じがしないだけというだけに少々厄介です。

また、生理的に睡眠時間が短くなってしまっている高齢者の方が、少しでも寝ようと布団やベッドの中で起きている時間が長いと「グッスリ寝られない」と感じる事もあります。睡眠にとって大事なのはその質と量です。十分に睡眠時間を取っていても質が悪ければ「寝た感じがしない」となってしまいます。

f:id:sohachiacupuncture:20180612113518j:plain

睡眠は十分取っているのに、日中、猛烈な眠気に襲われる場合は、「ナルコレプシー」「睡眠時無呼吸症候群」などの可能性があります。「ナルコレプシー」十分に睡眠を取っているにも関わらず、寝てはいけない会議や商談などのシーンで発作的に寝てしまう症状です。発症年齢は10~20代の若い世代に集中しており、脳の覚醒物質「オレキシン」という神経伝達物質に不具合があるために起こることが分かってきました。「睡眠時無呼吸症候群」寝ている間に呼吸が何度も止まったり、浅くなったりする病気です。いびきが急に止んで無呼吸の状態になり、再びいびきが始まるという人は、この病気の疑いがあります。

これまで、「不眠症」の4つのタイプについて解説させて頂きましたが、あなたにあてはまる物はありましたか?「もしかして私はこれにあてはまっているかも…」、「私は全然大丈夫」色々おられると思いますが、私が思う一番大事な事は睡眠に関してストレスを感じ過ぎないようにする事です。環境の変化や、精神的ストレス、身体的ストレスなどが原因で一時的に寝られなくなる事は誰にでもあります。寝られない事を気にし過ぎると、かえって脳が緊張して、ますます寝られなくなってしまいます。そうすると、ベッドや布団に入る事にもストレスを感じる様になり、不眠がどんどん悪化していくという負のスパイラルに陥ってしまいます。あまり気にし過ぎない事がポイントになってきます。そうは言ってもやはり寝られないのは辛いですよね。

f:id:sohachiacupuncture:20180612113815j:plain

明日からはそんなあなたに当院で行う治療法やセルフケアのやり方、不眠に対して効果的なツボ等をお伝えしていきます。「不眠症」で悩んでおられるあなたが一日も早く「グッスリ寝られる」日を迎えて頂ける様に応援していきますよ!!

本日も最後まで読んで頂き有難うございました。「グッスリ寝たい」あなたにとって有益な情報だと思って頂ければ、嬉しいです。

それではまた明日お会いしましょう!!

Have a wonderful day!!